気になるもの、買ったもの、作ったもの、日常のこと、愛娘runaの成長・・・ メモ代わりに記録しています。


by mamy_hero
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

突発性難聴闘病録-入院中の検査、治療など

続きです。
入院中の症状や治療などを。

*ケータイのメモを元に必死に思い出してます(`・ω・´)
 もっと早くまとめておくべきだった・・・


-----
8月8日(入院2日目)

少し眠れたので、朝起きると幾分ラクになる。
とはいえ、寝たきり状態であることに変わりはなく、少しでも頭を動かすと吐き気が襲う。
横になって、目をつむって、タオルを上から当てて、その上に腕を置いているのが楽。
(←視界を完全に遮るのが楽だったって事なのかな、今考えると)

トイレに行くのが死ぬほど辛い。
病室のすぐ前にあるのだけど、車椅子や便座に移動するのが大変・・・
「手すり」のありがたさを初めて感じました。動けない人にとって、すごく大事!

ごはんは3食とも汁物を少し口にするだけ。
食欲全くなし。
(痩せられるかも(゚ー゚)と邪念がよぎる)

隣の患者さんに来るお見舞いの声が頭にガンガン響く。
ボリュームを下げてもらうよう看護師さんにお願いする・・・

薬について・・・
最初に受診した耳鼻科で出た薬にステロイド剤があり、
薬剤師さんは授乳中でも飲んで大丈夫って言っていたけれど、
薬の名前(プレドニン)に聞き覚えがあり、お友達が飲んでいた薬だと思い出す。
しかも、けっこう強い薬だと言っていた!ので、6日から自主的に断乳を決行していた。

→胸が張って大変なことになっていたので、助産師さんに乳房マッサージを受ける。
総合病院でよかった~(産婦人科もあったから)。
寝たままで出来たので、気分悪くなることなかった。ほっ・・・


夕方、ようやく耳鼻科の先生が来てくれる。(この日は手術で忙しかったそう)
めまいの診察・・・眼振検査をしました。
「フレンツェル眼鏡」という、水中眼鏡のガラス部分が虫眼鏡になったみたいなヤツを掛けます。

b0206521_1042216.jpg





注:NOT変装道具







視界はぼやけて、なーんも見えなくなります。
先生には、目が拡大されてみえるそう。
めまいのひとは、眼振といって、眼球がふらふら揺れる現象が起きます。
もちろん私、ガンガンに揺れてたそうで。。。

問診も受け、突発性難聴からくるめまいと診断。
今後の治療は、
 ・プレドニンの点滴(即日)
 ・高気圧酸素(めまいが治まってから)
を行うとの事。
ただ、これらの治療をしても、発症時に立ち上がれないほどのめまいを伴っているので、
聴力回復は厳しいと言われる。

そっかー、治らない1/3に入ってしまったのか。
最初に突難の診断を受けてから自分なりにネットで色々調べていて、
闘病記を書いてる人のブログとか読むと、結構皆さん聴力が回復していたので、
勝手に私も治るものかと思い込んでました。
そっかー、治らないのか。
そっかー、
そっかー・・・

ショックだったけれど、この辛さの理由(突難からくるめまい)がハッキリして良かった。

その後、聴力検査をしに検査室へ車椅子で向かうが・・・
途中で気持ち悪くなり、Uターン。
ベッドへ戻るや否や、嘔吐。
親友よ、受け止めてくれてありがとう・・・

聴力検査は、後日めまいが治まってから改めることに。


この日、考えていたことは・・・実家に預けたrunaのことばかり。
大好きなパイがないだけでなく、毎日一緒だったママも突然居なくなり・・・
どれだけ、寂しく思ってるのだろう。
ごめんね。ママのせいで、ほんと、ごめんね。



-----
8月9日(入院3日目)

耳鼻科の一般病棟へ移動する。
昨日、車椅子で激しく気持ち悪くなったため、看護師さんが「ストレッチャーにする?」
と聞いてくれる。お言葉に甘えて、ストレッチャーで移動。

しかし、それでも到着時には気持ち悪さMAX。
また、過呼吸の症状が出てしまった(手足先ガッチガチ)。
吐き気止めを打ってもらう。
受け入れ先の看護師さん、自己紹介してくれたけど、目が開けられない私。すみません・・・

この日も、前日同様、
横になって、目をつむって、タオルを上から当てて、その上に腕を置いているのが楽。
食欲もゼロ。
車椅子用トイレが遠い・・・地獄。

耳鼻科の診察室まで行けないので、先生が来てくれる。すみません・・・
眼振は相変わらず出ているそう。
聴力検査をがんばって受けてほしいといわれ、再チャレンジ。
超~スローに車椅子を押してもらい、なんとか検査室まで移動。
吐き気と戦いながらも、なんとか終了。

結果、左耳はスケールアウト。
まったく、何も聞こえない状態。

これを踏まえて、やはり回復は難しいとのこと。
そっかー。

聞こえずらい感覚はあるのだけど、あまり気にならない。
というより、めまい・気持ち悪さが強烈過ぎて、そこまで神経が回らない。



つづく。
[PR]
by mamy_hero | 2011-09-27 11:42 | 突発性難聴